第6ぶろぐ

震災から半年

あの星空の綺麗な夜から半年経つんだな。
あの揺れと津波はもういらないが、またあの星空が見たい。

さて、世間でも綺麗な部分は一通り取り上げられているだろうし、
醜い部分を敢えて書いておこう。

正直、現在の被災者側が甘すぎる。

仮設余ってるのに、余ってる場所は不便だから行きたくない。
仮設は近所に音とか気にしなくちゃいけないし、面倒だから行きたくない。
仮設にいくと食べ物とか自分で買わないといけないから行きたくない。
茶碗割れたから被災届出して、高速無料で関西まで行こう。
がれき撤去の仕事は嫌だから、とりあえず支援をまとう。

いろんな不満であふれてる。
それもいくらかの我慢をすればよいレベルのものが。

住んでた場所が、家が、家族が、すべてが流された。
それは辛いことだと思うけど、自分たちでやれることがあるんじゃないかね。
あれくれ、これくれと言っているだけじゃなくて、
ないなら作ればいいし、作ろうとすればいいじゃないか。

なんかこの手の不満とか聞いてると寂しくなってくるんだよね。
いろんなところで聞いちまう話ではあるんだが、いつも思うよ。
耐えることだし、やれることもあるんだから、
またそこからやり直せばいいんじゃないかと。
そもそもは何もなかったはずのところに、人の手でこんな風に街を作ったんじゃないか。
まだまだやれるはず。
前よりもいい街になればいいなぁ。

最後になるけど、支援くれた人、ボランティアの人たちありがとー
[PR]
by dairoku6 | 2011-09-12 01:13 | 日記
<< アニメ 怪我 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
りんく
ブログ:
ぽむぽむ
まるぶろぐ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧