第6ぶろぐ

週末飲み

ちょっと前に話を聞いていた、「萬み高橋」に行ってみた。

料亭?なんだろうね。
静かなお店で、和食だった。
食べ物はお任せで頼んだわけで、最終的には7品位かな?
食べたところで時間も遅くなったし帰ってきたけど、
どれもこれもこだわりを感じる一品だった。

最初に出てきた、鯛を半熟玉子でまとめたお椀もの、
非常にダシもよく、香りも良くておいしかった。

刺身も非常においしかった。
マグロもしっかりとマグロのうまみがあって、
ただ脂っこいのとかとは次元が違う。
しっかりと熟成したところを見計らってるんだろうね。

ヒラメの混布〆も素晴らしい。
あの旨みを出すのは難しいと思う。
混布を見たけど、あの大きさと厚みは普通の混布じゃないな。

クジラのベーコンも燻製の具合が最高で、子供のころに食べた物を一新してくれたし、
エビしんじょうも、あのぷりっとした触感がしっかり生きてて、あのエビの甘さも最高。
アワビの姿煮の味付けも好みだったなぁ。

今度はもう少し早めにいって、しっかりと最後まで楽しみたいね。

そのあとはいつも通りバーへ。
隣のお客さんがほぼ同じぐらいに来たのかな?
一杯目のカクテルが、自分が頼んだものと同じでちょっと驚いた(笑
そのあとにウイスキーを飲み始めるスタイルも同じだったせいか、
ウイスキーの話をしつつ楽しく飲めたね。

そして新しい発見。
同じモルトでも味が変わってきていることは知っていたけど、
ここまで変わるものなのかと、驚かされたものがある。

飲んだのはグレンリベットで1970年代、オフィシャルとして出ていたものらしい。
今のグレンリベットと飲み比べてみたら、、、、最初に嗅いだ香りの華やかさから全くの別物。
今のはなんて物足りないんだろう。。。
使ってる樽の質がそんなに違うのかね。
寝かせている年数まで同じかは確認し忘れたけど、ここまで変わってくるとなると、
古いボトルのものを探したくなってしまう(笑

そんな話をしつつ飲んでいたら、今お店にある一番古いラベルのマッカランをおごってもらえることに(笑
最近ではサントリーがマッカランを日本に入れているようなんだけど、
そのサントリーの名前が入っていないころのマッカランを飲んでほしいとこと。
行ったお店にはそれはなかったから、サントリーの名前は入っていたんだけど、今のマッカランとは味が違う。

傾向は似てはいるんだけど、その甘さの残り方などが違うんだよね。
オフィシャルでもボトリングされた年代の違うもの、、、今度見つけたら楽しんでみようっと。

そんなこんなで、帰りが5時過ぎるとは。。。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-24 18:57 | 日記
<< Kingsbury KYOTO... LAPHROAIG 1990 ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
りんく
ブログ:
ぽむぽむ
まるぶろぐ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧