第6ぶろぐ

僕はキミだけを見つめる~I gaze at only you~

タケトのところでちょっと読んで興味が出た一品。
ほんと安いっていうのはいいねー

簡単な内容説明。
歌姫『永遠』のコンサート。
それを快く思わない人物による脅迫。
そんな人物のボディーガードを頼まれる主人公『拓実』。
『拓海』はその脅迫相手と因縁があり復讐の為に依頼を受け、
コンサートが開催される日まで仲間達と協力していくお話し。

正直な感想、
同人もなかなかやるじゃん。

タケトが言うように中盤までは微妙だな。
終盤てか、アフターストーリーが良かった。
これがあるからこそ、評価が高いんだろうね。
そして、これをアフターストーリーって分けなくていいんじゃない?
って思ったよ。
確かにアフターストーリーって言っちまえばそうだけどさぁ。
正直、これが一番のメインなんだと思うしさ、本編として数えていいんじゃないかねぇ。

話が長い、一本道のノベルってのもあって中盤だらけちまうのは残念。
心境の変化を描いてるんだろうけど、イマイチぱっとしなかったかな。
特にノベルに特化してるだけに、そういう部分が気になった。
選択肢とかありゃまた別だとは思うんだけどね。

と、そんな風に一部、『どうなの?』って思う部分もあったけど、
最後までやってみていい出来だと思う。
俺はなかなか満足したしね。
でも、泣くまではいかなかった。
んー、ほんと惜しいところまでいったんだけどね(笑

CGが綺麗じゃないと許せない。
とか、そういうのが気になる人にはオススメできない。
CGのレベルとしては高いと言えないからね。
内容重視の人ならやってみる価値あるかも。
値段も安いし、下手に昔の外国人作家小説なんかを読むよりは断然オススメな一品。
でも一言、最後までやらなきゃ良さの分からない一品なので、そこは要注意。




ごめん、CGについては言わせてくれ。
ありゃ、どうしようもなかったのかねぇ。
特に日影とか日影とか日影とか(笑
あいつだけはいくらなんでもなぁ(笑
あとカズもちょっと酷かったかも(ぉ

ほかは綺麗とはいえないけど、あんなもんかなーって感じだね。
そんな中、一つ気に掛かったのが後ろ向きの立ち絵。
俺のやってきたゲームの中ではほとんど見かけたことがないと思う。
その分いい見せ方かも?と思ったよ。

ナツはなかなかよかった。
特に睨むところはなんとも言えないな。
知的さにちょっと足りないのは残念だけどね(笑

シャッチャーがもうちょっと活躍しなかったことは個人的に残念。
アルvs拓実のときに止めたところからして、後半もっと活躍するのかなー
って思ってたからね。

美夜は最後にどう収まるのかちょっと気になってたけど、まさかのまさかだったな。
とはいえ、最後刺されて死ぬことがなければアフターがなかったからなぁ。
そういう意味ではどうしようもないよなぁ。

そう、アフターが悪いわけじゃないけど、ちょっとアフターにも不満がある。
俺が鈍感ってのもあるのかも知れないけど、永遠の葛藤部分が見えにくかった。
もうちょい本編でさ、美夜の心理描写、もしくはそれに対する永遠の描写が欲しかったかもなぁ。
アフターでそのことに気づいたのはいいけどさ、気づいて速攻解決されちったからなぁ。
ちくしょー、もうちょい早く気づいてればもっと楽しめたのかも知れないのに!(笑
[PR]
by dairoku6 | 2006-11-05 01:13 | ゲーム
<< MUSASHI GUN道 俺的最終回 ブルベリーアイ >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
りんく
ブログ:
ぽむぽむ
まるぶろぐ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧