第6ぶろぐ

EVE burst error 感想

さすが名作といわれるだけはある。
ここまで満足したのは、エロゲでは久々。

主人公も、周りを取り巻くキャラクター達もみんな魅力的。
弥生、氷室いいなぁ。
こいつらかわいすぎる(笑
なんていうか、馬鹿って言われてみたい?(笑

話の展開もいいね。
二つの視野からしっかりと一本の謎を追っていって、
最後にはしっかりとまとまるあたりがいい出来だ。

特に後半は、小次郎とまりなの絡む部分が多くなり、止められなくなる。
両方の視線で描くから、お互いの見えなかった部分を補って、
よりいっそう世界観にのめりこむ。
また、どちらにしても見せ方が巧みで良かった。

そして中にはかなりいいシーンも。
潔いってのは好きだが、やっぱり土壇場ではああいう表現も好きなわけで。
足掻くの大好きっ子ですから(笑
微妙にネタバレしてる?
ま、勘弁な(笑

ストーリーでもう一言加えるならば、テンポについてだな。
2人を同時に攻略しなくてはいけないことに気がつかないと詰まる点。
どこで次の行動を起こせるか気づかないと詰まる点。
ここがポイントだろう。
話しが詰まってしまうと折角のよさも活かしきれないと思う。
とはいえ、推理物。
簡単に先に進めるのも問題なのかな?
俺個人的には、あまり詰まりすぎるのは問題と思ったが。
それは俺が下手なだけなのか?(笑

曲は音源こそ昔のものだけど、雰囲気が上手く表現されたいい作り。
特にOPや日付変更の短い曲に感嘆したぜ。
あの短さでこの世界観を見事に表現、かつ引き込ませてくれる。

最後の犯人入力は確かに寂しいな。
半分は当たったけど、後半思いっきり間違えたのが残念。
入力前に判断材料となる回想を見ることはできるけど、
動作が遅くて結局ほとんどみなかったな。
あれがもうちょっと使いやすければなぁ。

総評として、
気になったら是非ともやるべし。
詰まらなければそんなに時間もかからないしね。
一部俺のタブーを犯してる点はあるが、
キャラ、ストーリー、展開とほぼ全て満足。

いやぁ、よかったよかった。




~マジでネタバレ要注意~

最後の犯人入力、間違ったのが結構悔しい(笑
最後の2人を殺したのは、あからさまに怪しく感じて逆に変な感じはしたけど、
結局プリンを選んじまったしなぁ。
全ては親父が悪いんだよ、親父が!
余計な一言言いやがって(笑

弥生、氷室はほんと反則だな(笑
特に弥生、結婚発表のときとか、あの慌てる姿とかいいんだよなぁ。
許そうと思っても実際に会うと怒ったりとか。
んー、なんとなく俺の属性が分かってきたかも?(ぉ
同じ理由で氷室もなかなかよかったです。はい。

親父の最後のシーンもなかなか。
尺がちょっと短い気もしたけど、
最初は冷静、でもいざ最後になると思い残すことがあってさ、
死にたくないって思うあたりが好感触。

最後の日記も良かった。
やっぱり心理描写って重要だよね。

ほんとやってよかった。
[PR]
by dairoku6 | 2007-03-28 02:40 | ゲーム
<< 49 EVE burst error... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
りんく
ブログ:
ぽむぽむ
まるぶろぐ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧