第6ぶろぐ

CentOS ユーザーの作成と削除

普段からrootユーザーで使用するのは、
システム運営等を考えてよろしくない。

というわけで、普段使うユーザーの作成を行う。
手順としては次のような感じ。

1.rootでログイン
2.ユーザーの作成
3.作成したユーザーでログイン
4.作成したユーザーからrootユーザーへの切り替え
5.作成したユーザーの削除



PuTTYjpでCentOSにアクセスし、rootユーザーでログインする。
e0073100_1234757.jpg


次のコマンドを打って、ユーザーの作成、パスワードの作成を行う。
useradd coda
passwd coda
※codaの部分は作りたいユーザー名
passwd codaを打ったあとはパスワードの入力要求がでるので、
二回同じパスワードを入力すると、登録完了のメッセージがでる。
e0073100_124122.jpg


新しく作ったユーザーでログインできるか確かめるため、
rootユーザーからログアウトして、新しく作ったユーザーでログインしてみる。
e0073100_124837.jpg


su -
コマンドを使うことにより、一般ユーザーからrootユーザーに切り替えることが可能。
e0073100_1241594.jpg


不要になったユーザー情報は次のコマンドで削除できる。
userdel -r coda
※codaの部分は削除したいユーザー名
e0073100_1242162.jpg


ただし、ちょっとした注意。
su - コマンドでrootユーザーに切り替えた場合、
rootユーザー切り替える前にログインしていたユーザーは削除できない。

※例:
codaユーザーでログインして、su - コマンドでrootユーザーに切り替えると、
userdel -r coda は実行不可能。
[PR]
by dairoku6 | 2008-03-27 01:30 | プログラム
<< ジアマゾンロード 再び ジアマゾンロード >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
りんく
ブログ:
ぽむぽむ
まるぶろぐ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧