第6ぶろぐ

カテゴリ:酒( 15 )

Paul Giraud 35YO

ポールジロー35年。

25年を飲んだ時のインパクトから35年も飲んでみた。

25年との比較になるが、25年のようなフレッシュなブドウの香りはなかった。
が、それに代わって熟成された、干しぶどうのような芳醇な香りと、
味わいが出たものになっている。

そしてやはり添加物が一切入ってないのだろう、
後味のすっきりさはよいねー
これだけの味わいを出しつつも雑味がこれだけないというのはいい。

ま、個人的な感想としては、25年のほうが好きかなー
あのフレッシュなブドウの香りが何とも言えないんだよなー
[PR]
by dairoku6 | 2012-01-24 02:16 |

Kingsbury KYOTO MACALLAN 19Y

キングスバリー 京都 マッカラン19年(1991)

毎年なのかな?京都の酒屋さんがキングスバリーの樽からひとつを選んで、京都で出回る一本らしい。

マッカラン特有の甘い香りではあるんだけど、そこまで甘さが強い香りではなく、すっきりした感じがある。
そして味も、最初は甘みを感じるんだけど、甘すぎずドライ。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-27 01:22 |

LAPHROAIG 1990 20Y(THE WHISKY AGENCY)

ラフロイグ20年
THE WHISKY AGENCYのSTILL LIFESシリーズ

蒼く妖しくさを感じる花のラベル。

ラフロイグ独特のスモーキーさが出ている。
匂いの強さだけでいうと、そこまで強いというわけではないけど、
すぐに匂いが消えるのではなくて、しっかりと残るように感じた。

特に飲んだ後の香りの残り方がしっかりとしてる。

味わいともにラフロイグの良いところがしっかり出ている。

ラフロイグ好きにはいい一品かな。

THE WHISKY AGENCYシリーズはハズレがなくていいね。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-22 01:29 |

GLENTAUCHERS 1975 35Y(THE WHISKY AGENCY)

グレントファース35年
THE WHISKY AGENCYのSTILL LIFESシリーズ

まず、ラベルの花のデザインが美しい。
黒ベースに明るい黄色とハイライト、そして茎の碧のバランスがいいね。

香りは、完熟したマンゴーのような甘い香りではあるが、すっきりとした香り。
そしてその香りの立ち方がすごくいい。
時間がたつにつれて空気を含んで、甘みという点ではすこし弱くなるが、
全体的にやわらかく心地よい香りになった。

味は香りとはちょっとギャップがあった。
甘さというよりも滑らかさと、ほのかにビターな感じを受けた。

この香りはすごく良かった。
なかなか聞かないウイスキーだけど、オフィシャルボトルにも興味が出てきたなぁ。
今度見かけたら飲んでみよう。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-21 01:34 |

AUCHROISK 10Y(UD 花と動物シリーズ)

オスロスク 10年 花と動物シリーズ

フルーツのような甘い香り。
口当たりが軽くやわらかい感じではあるが、スパイシーさが少しある。

飲みやすくても、少し面白みがあるから、
ウイスキーを飲み始めて少し慣れたあたりに飲むのにちょうどいいかも?
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-15 01:41 |

Bunnahabhain 1997 13Y(DC)

ブナハーブン 1997 13年 ディステラリー・コレクション

アイラだねぇ。
このヨードの感じは。
スモーキーで、でもフルーツのような甘い香りがあり、
味はドライで少し塩味を感じる。

いいバランスだ。
海を眺めながら飲んだりしたらもっといいんだろうなぁ。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-14 01:16 |

BIG PEAT CHRISTMAS CASK STRENGS

ビッグピート クリスマスバージョン。

アードベッグ16年をベースに、カリラ、ボウモア、ポートエレンを加えた、バッテッドウイスキー。
ビッグピートは含まれているウイスキーの通り、ピートが強く出ている。
このスモーキーさはすごいねぇ。
でもこれのすごいところは、匂いだけじゃなく味わいも素晴らしい。
アイラ独自の甘みの強いこと。
この強い香りとのバランスも非常によく、味わえるウイスキーだ。

比較的値段もお手頃だし、アイラの匂いがどうしてもだめだ、
っていう人以外には一度飲んでみてもらいたいと思っちゃうほど、
個性があって、なおかつ美味しい一品だった。

ロックだと冷え過ぎて匂いが弱くなっちゃうから、ストレートのほうがいいとは思う。
が、少し加水したらもっと甘みが引き立つんじゃないかとも思ったり。

ラベルも個性的なんだよねー
気になった人は、調べてみてくれ。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-13 00:53 |

MACALLAN 40Y(1969)

マッカラン40年。

定番中の定番であるマッカラン。
でも40年はなかなか飲む機会がない。

シェリー樽のウイスキーが好きなんですよ。
という話をマスターとしていたら、今月の初めにマッカラン40年が入った、
ということで勧められて飲んでみた。

流石40年。
芳醇な香りが素晴らしい。
色も濃い琥珀、紅茶のような色で、光が入ると美しい。
口に含んだときの香りの広がりもよい。
古酒独特の渋みがほんのわずかにするが、飲んだ後も口の中でシェリー樽の香りが残り、
余韻が楽しめていい。

正直、飲みきってしまうのがもったいなかった。
この香りを肴に、ほかのウイスキーを飲めば良かったかも?(笑
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-12 00:15 |

XYZ(ラムベース)

ラム、コアントロー、レモンをシェイクしたショートカクテル。

バランスを取るのが難しいカクテル。
だと、個人的に思ってる。

比較的甘めに作ってもらえると飲みやすくて良いと言えば良い。
でもそうすると口に甘さが残るのが気になる。
そこでレモンのさっぱりさなのかな。

といってレモンが少しでも多くなると、酸味が強く、
アルコール感も失われる。

今度ラムを多くすると、、、
とまぁ、カクテル全般そうだけど、バランスが難しい。
そしてこの個性的なものばかりが、この数で入るとね。。。
ごまかせるようなものがあるならまだしもね。。。

これも作り手の個性にあふれるひと品。

今までいろんなお店で飲んできた。
それなりに美味しものを出してもらえるのだが、過去に一度だけ、
これ以上にはないんじゃないかと思わせてくれる一杯に出会ったことがある。
全体の量のバランスはもちろんのこと、レモンの糖分や酸味、
シェイクの具合もぴったりだったんだろうね。

あれと同じ、またはそれ以上の一杯にはいつ出会えることやら。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-09 01:40 |

ギムレット(ジンベース)

ジンとライムのシンプルで、すっきりした感じのカクテル。

シンプルが故にか、作る人によって差が出るカクテルでもある。

ライムはジュースを利用するか、フレッシュを絞るか。
甘み付けにどんな砂糖を使うか、ガムシロを使うか。

センスが思いっきり現れる。

そんなカクテルだからこそ、初めてのお店で一番最初に頼むカクテルだったりする。
自分の好みの味であれば、ほかのカクテルを楽しむのもいいし、
お勧めのウイスキーとかをお願いするのもよし。

自分の好みとは違う場合は、、、自分の知ってるウイスキーを飲んだりね。


これからカクテルを飲んで行こうと思うなら、
まずは、自分の好きなカクテルを見つけるのもいいかも。

そうすれば、新しいお店に入ったとしても、そのカクテルをベースに、
お店の味が自分の好みに合うのか知ることができるしね。

酒は奥深い。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-08 01:27 |


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
りんく
ブログ:
ぽむぽむ
まるぶろぐ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧