第6ぶろぐ

<   2011年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Kingsbury KYOTO MACALLAN 19Y

キングスバリー 京都 マッカラン19年(1991)

毎年なのかな?京都の酒屋さんがキングスバリーの樽からひとつを選んで、京都で出回る一本らしい。

マッカラン特有の甘い香りではあるんだけど、そこまで甘さが強い香りではなく、すっきりした感じがある。
そして味も、最初は甘みを感じるんだけど、甘すぎずドライ。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-27 01:22 |

週末飲み

ちょっと前に話を聞いていた、「萬み高橋」に行ってみた。

料亭?なんだろうね。
静かなお店で、和食だった。
食べ物はお任せで頼んだわけで、最終的には7品位かな?
食べたところで時間も遅くなったし帰ってきたけど、
どれもこれもこだわりを感じる一品だった。

最初に出てきた、鯛を半熟玉子でまとめたお椀もの、
非常にダシもよく、香りも良くておいしかった。

刺身も非常においしかった。
マグロもしっかりとマグロのうまみがあって、
ただ脂っこいのとかとは次元が違う。
しっかりと熟成したところを見計らってるんだろうね。

ヒラメの混布〆も素晴らしい。
あの旨みを出すのは難しいと思う。
混布を見たけど、あの大きさと厚みは普通の混布じゃないな。

クジラのベーコンも燻製の具合が最高で、子供のころに食べた物を一新してくれたし、
エビしんじょうも、あのぷりっとした触感がしっかり生きてて、あのエビの甘さも最高。
アワビの姿煮の味付けも好みだったなぁ。

今度はもう少し早めにいって、しっかりと最後まで楽しみたいね。

そのあとはいつも通りバーへ。
隣のお客さんがほぼ同じぐらいに来たのかな?
一杯目のカクテルが、自分が頼んだものと同じでちょっと驚いた(笑
そのあとにウイスキーを飲み始めるスタイルも同じだったせいか、
ウイスキーの話をしつつ楽しく飲めたね。

そして新しい発見。
同じモルトでも味が変わってきていることは知っていたけど、
ここまで変わるものなのかと、驚かされたものがある。

飲んだのはグレンリベットで1970年代、オフィシャルとして出ていたものらしい。
今のグレンリベットと飲み比べてみたら、、、、最初に嗅いだ香りの華やかさから全くの別物。
今のはなんて物足りないんだろう。。。
使ってる樽の質がそんなに違うのかね。
寝かせている年数まで同じかは確認し忘れたけど、ここまで変わってくるとなると、
古いボトルのものを探したくなってしまう(笑

そんな話をしつつ飲んでいたら、今お店にある一番古いラベルのマッカランをおごってもらえることに(笑
最近ではサントリーがマッカランを日本に入れているようなんだけど、
そのサントリーの名前が入っていないころのマッカランを飲んでほしいとこと。
行ったお店にはそれはなかったから、サントリーの名前は入っていたんだけど、今のマッカランとは味が違う。

傾向は似てはいるんだけど、その甘さの残り方などが違うんだよね。
オフィシャルでもボトリングされた年代の違うもの、、、今度見つけたら楽しんでみようっと。

そんなこんなで、帰りが5時過ぎるとは。。。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-24 18:57 | 日記

LAPHROAIG 1990 20Y(THE WHISKY AGENCY)

ラフロイグ20年
THE WHISKY AGENCYのSTILL LIFESシリーズ

蒼く妖しくさを感じる花のラベル。

ラフロイグ独特のスモーキーさが出ている。
匂いの強さだけでいうと、そこまで強いというわけではないけど、
すぐに匂いが消えるのではなくて、しっかりと残るように感じた。

特に飲んだ後の香りの残り方がしっかりとしてる。

味わいともにラフロイグの良いところがしっかり出ている。

ラフロイグ好きにはいい一品かな。

THE WHISKY AGENCYシリーズはハズレがなくていいね。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-22 01:29 |

GLENTAUCHERS 1975 35Y(THE WHISKY AGENCY)

グレントファース35年
THE WHISKY AGENCYのSTILL LIFESシリーズ

まず、ラベルの花のデザインが美しい。
黒ベースに明るい黄色とハイライト、そして茎の碧のバランスがいいね。

香りは、完熟したマンゴーのような甘い香りではあるが、すっきりとした香り。
そしてその香りの立ち方がすごくいい。
時間がたつにつれて空気を含んで、甘みという点ではすこし弱くなるが、
全体的にやわらかく心地よい香りになった。

味は香りとはちょっとギャップがあった。
甘さというよりも滑らかさと、ほのかにビターな感じを受けた。

この香りはすごく良かった。
なかなか聞かないウイスキーだけど、オフィシャルボトルにも興味が出てきたなぁ。
今度見かけたら飲んでみよう。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-21 01:34 |

忘年会

3夜連続の忘年会。
流石に体に堪えたぜ(笑

特に3夜目はウコンを飲んでいなかったせいか、
久々の二日酔いになった。。。

まぁ、大分を飲んでいたのは確かだが、
やっぱりウコンって効果あるのかねぇ。

今週さえ乗り切れば、ほぼ終わりだー
・・・今週末の飲みはウコンを必ず飲むことにしとこ(笑
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-20 00:45 | 日記

レバ刺しの行方

レバ刺しが禁止になるかもだと?
あの甘さがいいんだけどね。

ま、そもそも仙台では公然とは売れない状態だったから、
そんなに影響はないかもだけど。

それでも食べられなくなると思うと寂しいねぇ。

これからはハツ刺しの時代か!(ぉ
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-16 01:27 | 日記

AUCHROISK 10Y(UD 花と動物シリーズ)

オスロスク 10年 花と動物シリーズ

フルーツのような甘い香り。
口当たりが軽くやわらかい感じではあるが、スパイシーさが少しある。

飲みやすくても、少し面白みがあるから、
ウイスキーを飲み始めて少し慣れたあたりに飲むのにちょうどいいかも?
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-15 01:41 |

Bunnahabhain 1997 13Y(DC)

ブナハーブン 1997 13年 ディステラリー・コレクション

アイラだねぇ。
このヨードの感じは。
スモーキーで、でもフルーツのような甘い香りがあり、
味はドライで少し塩味を感じる。

いいバランスだ。
海を眺めながら飲んだりしたらもっといいんだろうなぁ。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-14 01:16 |

BIG PEAT CHRISTMAS CASK STRENGS

ビッグピート クリスマスバージョン。

アードベッグ16年をベースに、カリラ、ボウモア、ポートエレンを加えた、バッテッドウイスキー。
ビッグピートは含まれているウイスキーの通り、ピートが強く出ている。
このスモーキーさはすごいねぇ。
でもこれのすごいところは、匂いだけじゃなく味わいも素晴らしい。
アイラ独自の甘みの強いこと。
この強い香りとのバランスも非常によく、味わえるウイスキーだ。

比較的値段もお手頃だし、アイラの匂いがどうしてもだめだ、
っていう人以外には一度飲んでみてもらいたいと思っちゃうほど、
個性があって、なおかつ美味しい一品だった。

ロックだと冷え過ぎて匂いが弱くなっちゃうから、ストレートのほうがいいとは思う。
が、少し加水したらもっと甘みが引き立つんじゃないかとも思ったり。

ラベルも個性的なんだよねー
気になった人は、調べてみてくれ。
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-13 00:53 |

MACALLAN 40Y(1969)

マッカラン40年。

定番中の定番であるマッカラン。
でも40年はなかなか飲む機会がない。

シェリー樽のウイスキーが好きなんですよ。
という話をマスターとしていたら、今月の初めにマッカラン40年が入った、
ということで勧められて飲んでみた。

流石40年。
芳醇な香りが素晴らしい。
色も濃い琥珀、紅茶のような色で、光が入ると美しい。
口に含んだときの香りの広がりもよい。
古酒独特の渋みがほんのわずかにするが、飲んだ後も口の中でシェリー樽の香りが残り、
余韻が楽しめていい。

正直、飲みきってしまうのがもったいなかった。
この香りを肴に、ほかのウイスキーを飲めば良かったかも?(笑
[PR]
by dairoku6 | 2011-12-12 00:15 |


カテゴリ
タグ
りんく
ブログ:
ぽむぽむ
まるぶろぐ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧