第6ぶろぐ

PuTTY(PuTTYjp) 設定

PuTTY(PuTTYjp)というSSHクライアント、
平たく言うと、CentOSにリモートログインするときに使うソフト
の設定を行う。

※わからない用語が出てきたらネットで調べよう

大まかな手順は次の通り。
1.PuTTY(PuTTYjp)のダウンロード
2.PuTTY(PuTTYjp)の解凍
3.PuTTY(PuTTYjp)の設定
4.CentOSにログイン、ログアウト




まずはソフトの入手。
Googleで「PuTTYjp」を検索すればでてくるはず。
本家ソフトは「PuTTY」といって、英語で作られてる。
それを日本語化したのが「PuTTYjp」。

そういうわけで、「PuTTYjp」をDLする。
おそらくzip圧縮されてるからそれを適当なところに解凍。
インストールっていう手順がないから、環境の移動とか簡単でいい。

ここからは、PuTTY(PuTTYjp)の設定。
中に入ってる「puttyjp.exe」を起動。

ホスト名には、VMにCentOSをインストしたときのIPを入力
接続タイプには「SSH」を選択
するとポートに自然と22と入力される
※ポート22がSSHが使うポートとなる
e0073100_1273963.jpg


文字コードの設定を「UTF-8」にする
ここをやらないと、ログイン後文字化けする可能性あり
e0073100_1274796.jpg


セッション一覧に適当な名前を付けて、保存ボタンを押すと、
設定を保存してくれるので、一通り設定が終わったら
名前を付けて保存しておく
e0073100_1275455.jpg


開くボタンをクリックすると下のような画面がでるので、
あとはユーザーとパスワードを入力してログインする
e0073100_128081.jpg


ログイン後
e0073100_128757.jpg


PuTTYjpを終了させたいときは、
・exit
CentOSを終了させたいときは、
・shutdown -h now
と入力すればOK

あ、そうそう。
基本中の基本だけど、ログインする前にVMでCentOSを
立ち上げておくことを忘れずに。
※ログインしておく必要はなし。
[PR]
by dairoku6 | 2008-03-25 01:37 | プログラム
<< ジアマゾンロード 2027X初打ち >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
タグ
りんく
ブログ:
ぽむぽむ
まるぶろぐ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧